So-net無料ブログ作成
検索選択

クレサラ関係の実務研修会について [過払い金請求日記]

はるさんです。
先日京都でクレサラ関係の実務研修会的な会合があったそうです。

以前には「はるさん」も参加したことがあります。
過払い訴訟についてもいろいろ言及されています。

しかし、何時も同じ話ばかりです。
過払い請求のエキスパートと言われているご夫婦弁護士・・・○原弁護士は、私の知る限り、平成15年から時間が止まっているかのように同じ話しかされません。

また、武富士に対する1万人を集めて訴訟をする運動をしているそうですが、意味があるのでしょうか?

1人5000円を集めているそうですが、この5千万円は弁護士の着手金なのだろうか?
何か負け戦のていのよい金集め?なのでしょうか。
負けが決まっているから、報酬の取り決めがないのであろうか?
本当に勝てると考えているならいいのですが、そうでなければ「パフォーマンス」?

そんな負けの決まった訴訟よりも、武井長男に還付された税金を被害にあてるため、また不当な役員報酬を返還させるよう管財人にを訴えるような話が出てこないのは不思議です。

どうも小畑英一弁護士のような企業弁護士には弱腰な感じがしているのは私だけだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。