So-net無料ブログ作成

過払金とは、一言で言えば貸し金業者に返しすぎたお金をいいます。 [過払い金請求日記]

過払金とは、一言で言えば貸し金業者に返しすぎたお金をいいます。

消費者金融などでお金を借りる場合、利息制限法で決められている15-20%をはるかに超える約定利率で借り入れしている場合がほとんどです。

これを利息制限法の定める法定利率で計算しなおして利息や元本への充当をした結果、出る余剰金を指します。これは本来で言えば、支払われることのない過剰なお金なのです。

また、利息制限法では法定利率を超えた超過利息に関しては無効だとしています。

無効である以上、残っている元本債権を減らしたり、元本完済後にも払ったお金は不当利得になるため、その金銭の返還を求めることができるのです。

なぜ、利息制限法を超える金利で貸付する業者が後を絶たないかと言うと、貸金業規正法に「みなし弁済」と呼ばれる規定があるためです。

厳格な要件を満たした場合にのみ、債務者が利息として任意に払った超過利息を有効であると定めた規定です。

貸金業者はこれを理由に超過利息は有効だと主張しますが、みなし弁済が認められるケースはほとんどありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。