So-net無料ブログ作成
検索選択

過払い金訴訟の訴状について [裁判]

過払い訴訟は、正式には「不当利得返還請求訴訟」という。

裁判では必ず「訴状」が必要です。しかし、裁判に勝つためには、それなりに裁判官を納得させるだけの主張と証拠書類が必要です。

裁判は差訴状だけでも提起できるのですが、後々証拠書類の提出が必要になります。ですので、通常は訴状にそれらの証拠書類を添付します。

訴状は端的に簡潔に記載して、的を得た書き方をして下さい。
無駄な表現は省いてスバリ訴えると云う手法が良いと思われます。

訴状を出すと、被告(貸金業者)は、「答弁書」で訴状に対して否定してきます。原告はその答弁書に対して「準備書面」という文書で反論を加えます。その準備書面の内容は訴状を掘り下げたのものであり、被告の答弁書を理論的に論破したものが理想です。

大事なことは、如何に裁判官を説得できるかどうかが大切です。

判決を下すのは裁判官です。裁判官の心に響く文章を書きたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。