So-net無料ブログ作成

サラ金が溜め込んだ過払い金は10億円以上 [金融業者]

サラ金が溜め込んだ過払い金は10億円以上もあるらしい。

平成20年の「週間ポスト」の記事に、サラ金大手4社が来年度(平成21年度)に計上する過払い金返還引当金は約1兆円程度になると発表されていた。

企業会計上、将来発生する可能性が高く、見積もり可能な費用については、引当金として負債勘定にすることが求められている。

たとえば1年以内に返済すべき借金があれば、それは流動負債として、次年度以降返済すべき借金があれば、バランスシート(資産と負債の項目別対照表)の負債欄に計上される。今後過払い金を払うことがある程度確実だということになれば、1年以内に返還が予測される金額を流動負債として、次年度以降返還が予想される金額を固定負債としてバランスシートに載せるよう求められることになる。尚、会計上引当金に計上される金額は前年度の5倍以上を計上するように求められているそうです。

21年の引当金は下記の通りです。

武富士  貸金残9959億円   引当金4638億円
アコム  貸金残1兆3532億円 引当金3016億円
プロミス 貸金残1兆6101億円 引当金2459億円
アイフル 貸金残1兆4062億円 引当金1319億円

この記事によると上記引当金により、既に21年の利益は確保できていると記載されていた。

にも拘らず、なぜ22年度にアイフルが営業不振でADRで、武富士が会社更生とは意味不明です。

実際には10兆円以上の過払い金が存在しているそうです。こんなことではもう返ってってきません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。