So-net無料ブログ作成
検索選択

利息制限法の話 [利息制限法]

貸金業法により2つの法律の内、私ども最大の味方となる法律は「利息制限法」なのです。
現在日本には貸金に関する法律として「出資法」と「利息制限法」という法律が存在していることを既に皆さんも知っておられることと思います。そして利息制限法では現在15%~20%と定められています。しかしこの法律には罰則がなく、民法上無効というだけです。他方出資法では2010年より20%と上限利息の定めがあり、これを超えて貸付を行なうと刑罰が科せられることとなります。尚、2010年6月までは29.2%まで刑罰が科せられなかったのでその差額が過払い金発生の原因となっていたのです。
ただ、改正後も出資法は20%の利息を認めているので、まだ数パーセントは埋まらないままとなっています。その差額は、貸金業法で行政罰として規制されていることになります。
要するにこれまでのこのような二種類の法律の混在が貸金制度の混乱を招いていたということだと思います。過払い金の請求を検討されている方は是非このあたりの事情を把握していただきたいと考えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。